新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ネパール旅行
年末の休みと有休を駆使して16日間の休みを取り、ネパール旅行へ行ってきた。目的はヒマラヤのトレッキングだ。5360mのゴーキョピークというところを目指し、ネパールのクーンブ地方の村々を歩いた。ネパールから国内線でルクラというとこへ行き、ゴーキョピークまで行ってまたルクラへ戻ってきた。10日間を予定していたが、ペースが快調で7日で行けた。しかしその分、高山病に苦しんだが…余った時間でカトマンズ近辺を観光し、食いまくった。

トレッキングは期待しすぎたのもあったせいか、思ったほど楽しくなかった…景色は綺麗だがどれもどこかネットとかテレビで見たようなもので、新鮮さに欠けた。観光地化されており、欧米人がたくさんいて、どこでも英語が通じたのも萎えさせられた。カトマンズの街の観光も、いまいち自分の中で盛り上がらなかった。半年前に行った中国の雲南省旅行が刺激強く、やっぱ中国の方が面白かったなあと感じた。高い交通費払って行った割に消化不良の旅となり、少し残念だったが、今後ヒマラヤへ登山へ行く場合にネパールの様子が分かったことは収穫だった。あと仏画のタンカを購入できたことや、立派な仏像をいくつか見れたのも良かった。そして、なにより飯がうまかったので食いまくれたことが良かった。どの食べ物が原因か分からないが、常に下痢に悩まされたが。まあ下痢は想定の範囲内だったので構わず、食いまくってやった。

まずは首都カトマンズに2日滞在してぶらぶら歩いた。

カトマンズ中心部あたり。観光地で、英語があふれている。


パタンという寺院がたくさんある街。建物が本当綺麗だった。






パタンにある美術館で仏像をたくさん展示していた。写真撮ってもいいということで、取りまくった。日本とは違う数々の仏像は刺激的だった。






ネパールにはこの写真のような仏塔がたくさんある。目は仏陀の目らしい。


街はゴミだらけで汚かった。寺院や仏塔のまわりもゴミだらけであきれてしまった。



ここからトレッキング中の写真。

有名なナムチェバザールという街。トレッキングは村々を結ぶ道を歩くので危険はないし、トレッキングマップもあって道にもあまり迷わない。金払ってガイドやポーター雇えば、いうことなしだ。


なんていう山だったかなあ。。






この村は目的のゴーキョピークのそばにある、ゴーキョ村だ。4800mある。とにかく寒かった!-20℃くらいいってたような気がする。不思議なことに寒いわりに雪が積もっておらず、乾燥していた。日本だと雪がガンガン降るが、ここは周りに海がないから降らないってことかな。




ゴーキョピーク5360mにたどり着いた。自分の高度計は少し誤差があった。
ここまでの登りは本当しんどかった。ペース早く行ったので、高度順応しておらず一歩、歩くだけで息があがった。酸素がうすいのはやばい。


ゴーキョピークからの眺め。チョオーユとかギャチュンカンなどが見える。




これは有名なエベレストやローツェなどの山々だ。確か、一番奥がエベレストだったかな?


チョラステ山。これは形が綺麗で登りたい山だと思った。


ゴーキョ村におりる。この村で一泊したが、夜頭痛がひどかった。。

次の日体がだるく頭痛かったが力を振り絞って下ることにする。しかし全くペースがあがらない。ふらふらしながら歩いていると、フランス人親子が「大丈夫か?」声かけてきた。頭痛いことを話すと、一緒に下ってくれると言い出した。自分は、疲れたので4400m付近の村に泊まりたかったが、そのフランス人は、「4000m台じゃだめだ、3000m台までくだらないと高山病は治らない。」と言った。力を振り絞って一緒に下りることにした。何度も休憩したが、そのたびにフランス人は一緒に止まってくれ、日がくれ始めた頃、ようやく3700mの村まで下ることができた。その時には見事に頭痛は消えていた。これは本当助かった。彼らいなかったら、もっと高山病に苦しんでいたと思う。勉強になった。世の中優しい人いるなと思った。

気を取り直して、次の日はタンボチェという村を訪れ、立派な仏様を見た。


これは日本の登山家 加藤保男の遭難碑。なんでこんなとこに建てたのか。


ルクラの街まで下って、そしてカトマンズまで戻りトレッキングが終了した。


カトマンズに戻り、また観光をする。

ボダナートという街にある立派な仏塔。




仏像がたくさん売っていたので買った。


お香や雑貨を売っている。


陶器を作る街を観光した。陶器がたくさんあって壮観だった。


仏像を作っていた。


食い物は色んなのをたくさん食ったがこれは一例。焼き飯とハンバーガーだ。カトマンズではずっと下痢だったが原因はいまだ分かっていない。店員さんが用意してくれたこのペットボトルの水を飲んだが、これも怪しい。


このサンドイッチはまじうまかった。地球の歩き方に載っている有名なサンドイッチ屋さんで買った。5回くらい行ったなあ。


それなりに楽しめたが、消化不良な感じがする旅行だった。気を取り直して、ネパールでなく、また中国の色んなところを旅行しようと思う。

スポンサーサイト
- | 23:26 | - | - | pookmark
コメント
from: kayo   2010/01/27 3:04 PM
ネパールは観光で行ってもいいところのようですね。
あなたの写真とコメントを読んでいたら、行きたくなりましたよ。仏像も興味あります。。。。
食べ物と高山病には気をつけてください。
from: anntena   2010/01/28 12:12 AM
観光で行っても好きな人にはいいかな。僕はあんま好きじゃなかったけど。仏像は良かった。飛行機代が高いけえ、それには見合ってない気がする。。。
from:   2010/04/13 5:55 PM
いやー実に良い写真ですね。心が洗われるような感じです。実際に見たらスゲー感激しそうです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/213