新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
恋ノ岐川〜平ヶ岳
1ヶ月も前のことだが。。。
恋ノ岐沢から池の岳〜平ヶ岳を9月5日、6日に会の先輩方と計3人で歩いてきた。越後地方の山は初めてで、恋ノ岐沢だけでなく、池の岳山頂の姫の池、平ヶ岳からの遠望など、数々の素晴らしい景観を楽しむことができた。この記事では写真をたくさん掲載するので、見る方には是非この沢の綺麗さを見て欲しい。

今回歩いたの以下のルート。
1日目 恋ノ岐橋〜清水沢出合〜オホコ沢出合〜ちょっと進んだ窪地(幕営)
2日目 幕営地〜二俣〜奥の二俣〜50m滝〜登山道〜池ノ岳(〜平ヶ岳)〜台倉山〜鷹ノ巣登山口〜自転車〜恋ノ岐橋

本来は2泊で釣りしながらのんびり遡行する沢のようだが、チャリを活用することで土日で行けるだろうということになった。なぜ他の記録だと2泊で行っているかは、行ってみて、その岩魚の多さから理解できた。

前夜に平ヶ岳の登山口の鷹ノ巣にチャリを置いて、仮眠を取って出発。



最初の方から綺麗な渓相だ。








確か先輩情報によるとこれがF1だったか。登るのは難しくなかったので綺麗!という印象しかない。


とにかく綺麗な沢だったので写真を並べる。











下2枚の写真が自分のお気に入り!太陽光が沢に当たって光加減がいい。この日は珍しく最高の天気だった。










こんな釜がある度に岩魚が泳いでいるのを確認できた。








幕営地に到着し、いつものように薪を探しに行く。濡れたやつばっかだったが、結構沢山集まった。
そして、夕飯は先輩が用意してくれたすいとん。普段食べる機会がなく初めて食べたが、美味すぎた!すいとんの粉もたくさんあり、それだけお腹いっぱいなのに、さらに3人でご飯4合もあって、感動的にお腹一杯になれた。もう至福のひと時だった。


焚き火でご飯を炊いてみた。失敗したかに思われた、ちょっと固い程度で美味なご飯ができあがった。


最初苦戦した焚き火もしばらくするとボンボン燃え上がった。


そして、2日目歩き始める。
朝一は岩魚が多いと先輩は勇み、なんとストックでたたき岩魚をびびらせ捕獲に成功した。すげえ!食いたかったが、歩き始めたばっかなので逃がして先を進む。




これが核心部の滝の一部だ。少し恐いとも思ったが、難しくなくフリーで登った。


源頭に近づいてくる。




激しい藪漕ぎを15分くらいして登山道に出る。15分とはいえ、かなり強い藪だったので、異様に長く思えた。


登山道からちょっと登って、池の岳山頂の姫の池に到着する。これがまじ綺麗!別天地だ。天気良いし、最高に気持ち良かった。






池の岳からちょっと歩いて、平ヶ岳山頂に到着する。百名山だけあって、人が多かった。


平ヶ岳にも池糖があって綺麗だ!そして、山頂から眺める上越や越後の山々も見事だった。




長い下りを経て、ようやく鷹ノ巣へ到着する。先輩が置いておいたチャリに乗って車を取りに行ってくれる。その後姿は勇ましかった。さすが先輩!待つ間コーヒー飲んでのんびり待たせてもらった。


越後地方の山は初めて来たが、とりあえず奥只見湖沿いのカーブの連続はもう車で走りたくないと思った。しかしそこらへん至るところに奥深い山があり、開拓し甲斐があるなあと思った。下りながら見た稜線は歩きたいと思わされた。紅葉の時期に灰ノ俣山とか越後駒ケ岳を歩きたいと考えている

スポンサーサイト
- | 18:59 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/210