新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
奥多摩 川苔谷逆川、鷹ノ巣谷
最近というかここ数ヶ月毎週のように天気予報に翻弄されている。週末の天気予報を3日前くらいからチェックして晴れを確認し計画を立てるが、前日には悪化するパターンばかりだ。期待させて落とすパターンで、まるで当たらないスロットみたいだ。今週もそのパターンで、南アルプスへ行く予定だったが、気象庁は信頼度Aで最初曇り時々晴れを予想しておきながら、前々日に一転曇り後雨を予報してきた。そして、泣く泣く、代打の奥多摩の登場となった!

土日で2つの沢へ行く予定を立て、実行した。泊まりは日原の林道に駐車しての車中泊。1日目は川苔谷逆川、2日目は鷹ノ巣谷だ。いずれも有名な沢で一度は行こうと前から検討していた。

まず1日目の川苔谷逆川。

直前の予報通り午前中は快晴だった。奥多摩らしい景色だと思う。


川苔林道ゲートはしまっていたので、車はこの先日原街道をちょっと行ったところにあった窪みにつっこんだ。


奥秩父と同様苔の多い渓相だ。





事前に情報通り、小滝や釜、ゴルジュが連続した。



後で写真を見てもどの滝登ったのか思い出せないが。。。とりあえず今回は巻いたの2、3回でかなり直登できたと思う。




しかしこれだけは有名なので分かる逆川の10m大滝だ。前にパーティがいてロープつけて登っていたが、写真のように最後の人はロープなしで登っている。これを見て自分もロープなしで登った。ホールドもたくさんあり難しくはなかった。



登った後下を見たところ。


大滝の後もまだ大きな滝が出てくる。あんま覚えてないがこれは確か登ったと思う。



ツメを終えて登山道と合流し、川苔山へ到着した。さすが登山客がたくさんいた。それにしても、群馬の山には年配の方が多いが、奥多摩の山には若い年齢層の登山客が多いのはなぜだろうか…?


百尋の滝に立ち寄る。以前来たことあったが、やっぱ素晴らしい滝だ。これは癒される。


カモシカもいた。初めて見た!


無事下山し、日原鍾乳洞近くの林道に車を停めて、薪集めをし、以前先輩に学んだように焚き火を実践する。着火剤で簡単に燃やすことができた。やっぱ焚き火は良い。


夜は雨が降ったが、ラジオの天気予報では日曜は昼前から雨が降るということ。朝起きて雨が降っていたら鷹ノ巣谷を中止で、曇りだったら決行することにして車の中で寝た。

予報通り曇りだったのでかなり早めの5時過ぎには駐車場を出発した。鷹ノ巣山への登山道から沢に降りて入渓した。


鷹ノ巣谷は一言で言うと逆川と同じ感じだった。小滝と釜が連続した。






そして、逆川と同様に大滝を持つ。これも右側から簡単に登れた。


登った後に下を見た。


逆川と同様、大滝を過ぎてもまだ大きな滝が出てくる。これはどうしたかなあ…?逆川と記憶が被ってよく分からん!



唯一逆川と大きく異なるのは、ツメの面倒なことだった。うざい藪漕ぎとガレた急登だった。


今にも雨が降りだしそうな天気で山頂に着く。川苔山同様、登山客がたくさんいた。そして若い年齢層の登山客が多かった。


下山は稲村岩尾根登山道で素晴らしく整備されていた。しかし、これに油断し、沢にかかる橋で1m滑落してしまった…その後も何度かこける。沢で滑落しなかったのは良かったが、なんか情けなかった。

今回は奥多摩の代表的な?沢を2本登ったが、良いトレーニングとなった。他にもたくさん良さげな沢たくさんあるので、代替として利用させてもらおうと思った。



帰りに前から行こうと思っていた、デカ盛の店へ寄った。モツ煮定食を食う。写真のようにごはんは山盛りだ。後ろの味噌汁が隠れてしまっている。こんなデカ盛の定食でも15分くらいで完食してしまった自分はどんだけ食いしん坊なんだろうと、改めて客観的に感心してしまった。。。いつでも腹ペコなので、もうちょっと食欲を抑えたいなと思った。

スポンサーサイト
- | 21:28 | - | - | pookmark
コメント
from: 大平ランナー   2009/09/02 7:34 AM
同じ週末に、私も水根沢に行ってました。
久々の沢にはしゃぎすぎて、少し風邪気味です。

モツ煮定食、美味しそうですね!
我慢しないで、沢山食べて下さいな。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/209