新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
大荒川谷
 秩父の大荒川谷へ8月15日、16日へ会の先輩と行ってきた。大荒川谷は秩父の川又集落にある入川渓谷観光釣り場から出発して、入川、金山沢、大荒川谷と遡行して破風山あたりにつきあげるロングルートな沢だ。しかもさらにここからコースタイム6時間くらいかけて川又まで下るので体力勝負だ。

入川は水量多く、ゴルジュの通過が大変そうということで登山道を使って省略し、金山沢出合から遡行開始した。

遡行開始したあたり。


鹿が死んでいてびっくりした!





これが今回の沢で有名な?ゴンザの滝だ。


小荒川谷出合の滝。ここで幕営とした。



初めての焚き火。なかなか火がつかず、先輩の試行錯誤の末、ようやく着いた!これは本当に嬉しかった。焚き火は体が暖まり、目の前にいると不思議と心地よかった。沢でやる焚き火は最高であることが分かった。今後は自分で積極的に焚き火を実践していこうと思った。



2日目スタート。特に難しい滝はなく適当に直登と巻きを組み合わせながらどんどん進む。先輩が、「秩父は東沢の方は綺麗だが、こっちの方は汚い」と言ったが、その通りで樹林帯の中で暗いし苔とか倒木多いのでなんか汚い。自分としてはそういう秩父の雰囲気が逆に好きだ。





稜線に出た。ここは2度ほど通ったことあるがやっぱいい。この枯れ木は秩父独特の景観だと思う。


雁坂峠。あいかわらず独特の雰囲気を出しており、綺麗だった。ここで休憩したが、本当気持ち良かった。


雁坂小屋は主人不在で無人小屋と化していた。雰囲気良く、泊まりたいなあと思った。


今回はロングルートで特に2日目は朝6時出発で5時下山と長く、自分がルート設定したため、同行してくれた先輩には申し訳なかった。やっぱ人と行く時はアプローチの良いルートを選ぶべきだと思った。あと、 奥秩父の独特の雰囲気が好きなので今後も色々行ってみようと思った。

スポンサーサイト
- | 08:32 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/207