新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
小坂志川本流、熊倉沢左俣西沢
土日で小坂志川本流と熊倉沢左俣西沢の2本を沢登りしてきた。この2本はいずれも南秋川渓谷に位置しており入渓地点も隣同士の林道で、簡単に登れそうということで車中泊で2本登ることにした。

沢登りはこれまで秩父の釜の沢に行ったのみで今回ひとりというのは若干の不安はあった。

まずは小坂志川本流。小滝や小さいゴルジュがたくさんあったので結構練習になった。釜の沢で景観の素晴らしさに感動していたので、それと比べるとコンパクトさに普通の沢はこんなもんかなと感じた。









最後は緩んだ土の急斜面をへばりつきながら登り、連行山に到着。天気は良かった。


この沢では、ヒヤリハットが2件あった!1件目は、滝を巻くときに雨でずぶずぶの斜面をトラバースしているときに、ずりっと2、3mくらい滑ってしまった。そのまま落ちていたら地面にたたきつけられていたかもしれない。。。もう1件は、2mくらいの滝を登ろうとして足を滑らして釜にドボンしてしまった。いずれも擦り傷程度で済んだが、沢は危険がいたるところに潜んでいることを学んだ。次に生かすべきヒヤリハットだった。


連行山を下山し、熊倉沢沿いの林道へ移動。ちょうど良いスペースをみつけ、車中泊。これが静かなところで、水場はそばにあるし、快適に眠れた!この車中泊で土日に2本の沢スタイルは今後ともかなり活用していく思われる。


早く目が覚め、準備して朝5時過ぎくらいに出発。
昨日よりもさらにコンパクトな感じの沢だった。レンズが終始曇っていたためか、写真がうまく撮れてなかった。沢での写真は難しい。


一箇所大丈夫かなという場面もあった。ある滝を直登したとき、結構ぎりぎり登れた感じだった。確保していないので落ちたら怪我をしていただろう。巻くか登るかの判断力を養うことは今後重要だろうと思った。

熊倉山に到着。関東ふれあいの道というのは本当綺麗に整備されているなと思った。


山頂からの展望も良かった。



今回は土日で2本の沢に登った。楽しかった!沢は無数にあるが季節ものなので、この時期どんどん登っていこうと思った。

スポンサーサイト
- | 23:11 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/206