新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
佐野市の里山 奈良部山
先週の話だが、金曜日が有休だったので軽い気持ちで佐野市にある奈良部山という山へでかけた。しかし、この山は意外に厳しかった…

自分の住んでいるところから近くて、そこそこ長いコースを地図とにらめっこしながら探した。すると、奈良部山が目にとまった。登山道は整備されていないようだが、最初は林道から出発して稜線まで出て、それからは尾根伝いに歩き奈良部山山頂へいけそうだ。そして山頂からは別の尾根を伝って下山するというコースであった。

詳細なルートは以下の通り。
5月22日 黒沢〜540mコル〜660m、638m、723mピーク(稜線沿い歩く)〜奈良部山〜780m、645mピーク(尾根伝いに下山)〜鉄塔〜黒沢

林道は伐採のためのもので最初快適に歩けたが、途中から色々な方向に分岐しており、適当に登っていった。ようやく稜線に出たと思ったところでそれに伝って歩き始めるが、急に下っていったのでおかしいと思い地図を確認すると、これは別の支尾根だということに気づき上り返した。ようやく目的の稜線に出て、それに伝ってあるき始める。伐採の激しい山だったが、稜線から見える景色は奥深い山々でこんな近場でもこんな景観が楽しめるものかと感心してしまった。赤テープとか殆どないので、たまに別の支尾根に入ってしまっては元に戻ってを繰り返しながら進む。アップダウンはそこそこあり結構疲れる。目的の山頂手前にきたとき、岩場が現れ始めた。そのまま進むと懸垂下降が必要そうだったので、岩を巻くようにして歩いた。これが非常に恐く、急斜面を不安定な木に捕まりながらトラバースしていく。岩場を2、3個を巻いてようやく道が安定してきたなと思って一息つこうとすると、なんと、買って1ヶ月も経たない防水仕様デジカメを紛失したことに気づいたこれはショックだった…ポシェットに入れて首からかけていたが、マジックテープで止めるだけの構造だったので、そこからデジカメは飛び出してしまったのだ。山でデジカメを失くしたり壊したりしたのはここ2年くらいでこれで5度目だ。特に今回のは短命すぎる。可愛そうだすぐに引き返して探しに行ったが、岩場の巻き道を戻るのは結構いやらしく、捜索は難航した。二次災害を防ぐため捜索はちょっとで打ち切った。なんともやるせない気持ちになりながらも、奈良部山の山頂を踏み、携帯で看板の写真を撮る。

ルートはきつかったが立派な看板を作ってくれていた。そこから続く尾根を伝って下山した。そこでもやはり岩場が現れて巻く必要のある箇所が1個あった。そうしてなんとか無事下山できた。

今回は里山の奥深さを十分に体感できる山行となった。低山ながらもスリル満点で、読図の勉強にもなり、景色の綺麗さに感動できた。こういうのは藪山歩きの部類に入る山行だと思うが、自分で道を切り開く作業が本来の登山らしいものに思えて非常に刺激的だった。自己満足の世界だが、自分の理想とする登山イメージに近いものであると思う。今後どんどん藪山(非整備登山道)を開拓していきたいと思った。ただ次はもうちょっと重装備で臨もうと思った。

次の日は初めての沢登りへ行く予定であったので、帰りにカメラのキタムラへ寄ったときにみつけた防水デジカメを即買いしちゃった次からは必ずカメラをザックに紐でしばりつける対策を施すことにする。



スポンサーサイト
- | 20:04 | - | - | pookmark
コメント
from: オオヒラ・ランナー   2009/06/10 8:02 PM
ようこそ、栃木の里山(里山の領域を超えているけど)へ

地味な山に情熱を注いでもらって、山々もきっと感謝しているでしょう。

奈良部山は登ったことないけど、その辺の林道という林道はバイクで走り回ったなぁ。
野猿が多いんですよねー、ここいらの山って!
バイクで猿に囲まれると、けっこう、怖いです。飛び掛れたらどうしようって。

あ、デジカメは残念でしたね!
私の古いので良かったら、使って下さい。
現在、4代目で、みんな使えるうちに新しいの買ってるので、有効利用して貰えると嬉しいです。


from: anntena   2009/06/11 12:10 AM
>オオヒラ・ランナーさん
佐野、足利、桐生の山々は本当素晴らしいと思います。こんな近場でこんな素晴らしい絶景が見れるのか〜と、毎回驚かされます。多分今後も幾度となく通うと思います。あと2年後に退寮する時は、足利と桐生の間の小俣町への移住を計画しています。その時は同じ栃木県民としてよろしくお願いします!

おお、デジカメ頂けるんですか!?
もし使っていないのでしたら是非使わせて頂きたいです!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/202