新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
絶景の四阿山
JUGEMテーマ:趣味
 2月21日に四阿山を登った。単独で行った。その週は平野部でも降雪があり、雪景色を期待して行ってみた。予想通り、たくさんの素晴らしく感動的な雪景色を見ることができた。

ルート以下の通り。
あずまや高原ホテル〜四阿山頂〜あずまや高原ホテル

四阿山は山スキーのメッカとなっている山らしいので、やはり他に会った5パーティのうち4パーティがスキーだった。いつかは山スキーというか、山ボードをやってみたい!ルートは綺麗なスキーのトレースがついていた。自分は最初から最後までワカンだったのだが、ワカンでスキーのトレースを歩くとさらにずぼっと埋まってしまって歩きにくかった。スキーで登る場合ってそんなに身軽に登るのか!?とか考えながら歩いた。

この日は冬型の天気で、強風が吹き荒れ、視界が悪かった。トレースはところどころ風で消えてしまっていたので、下りの時に道迷わないかなあと不安を感じながら歩いた。山頂付近はかなり視界が悪く、積雪も多く、先行のスキーヤーがあと数百メートルのところで引き返してきていた。それはもったいないと思いながら、ラッセルしながら進んだ。ただそれと同時に、帰りは大丈夫だろうか?、ここで遭難したら山岳会の先輩たちに怒られる〜、時間は大丈夫かなあ、などと色々な心配もありながらも歩き続けてようやく山頂に着いた。ただ殆ど何も見えず。。。発達したセッピが綺麗だった。

山頂の展望は悪かったものの、途中の行程で見た様々な雪景色はそれはもう美しいものだった。夢でも見ているかのような綺麗さだった。写真を紹介していく。

これは駐車場。さすが百名山だけあって、よく準備してくれたものだと感心した。


これは登り始めてちょっとして通る、菅平の牧場付近の光景。風が強かったが綺麗だった。


登るにつれて、隣の根子岳が見えてきた。


トレースはほぼばっちりだったが、ところどころ消えていた。この辺は雲が激しく動き、天気は良くなったり悪くなったりだった。


これも根子岳。


1箇所だけ岩場的なところがあった。雪の降った岩は綺麗!


念願のモンスターが見れた!すごい!




これは山頂付近。視界悪いし、セッピもあるし、トレースもないので進もうか迷った。


おそらく山頂だと思われた。


セッピがすごかった。


下ったらまた視界が良くなってきた。


天気が回復してきて、空が真っ青だった。




噴煙を上げる浅間山も遠くに見えた。



今回は素晴らしい景色に恵まれ、良い山行となった。
ただ、撤退すべきかどうか場面があり、結局大丈夫だったがタイミングが難しいと思った。判断基準を持てるようになる必要があると思った。

それにしても、雪山は本当はまるわ!
スポンサーサイト
- | 00:07 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/193
株取引において、一番多くの人が悩む瞬間というのは、保持している株を売る時です。 これに関しては、たとえ多くの経験を積んだ方であっても、少なからず抵抗を覚えたり、後悔したりするケースがあります。
株を売るタイミング | 2009/02/26 2:26 PM