新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
厳冬期の赤城山
 トレーニングとして赤城山へ単独で行った。この冬でもう3回目(2回目途中撤退)だ。いつもと同じルートで、以下の通り。

利平茶屋森林公園〜駒ケ岳登山口〜駒ケ岳〜黒檜山山頂〜黒檜山登山口〜利平茶屋森林公園

12月に行ったときたいして雪がなかったので期待してなかったが、今回は違った。積雪量は明らかに増えており、しかも冬型の気圧配置の天候で、風が強く雪もちらついていた。トレースは風のためところどころ消えていた。赤城山をなめていたが、風が強かった、視界が悪かった、雪屁があった、グリセードとシリセードができたなどから、良いトレーニングとなり予想以上に楽しめた。

利平茶屋森林公園に駐車してスタート。入山時も下山時も自分の車1台だった。


駒ケ岳〜黒檜山の稜線。このラインは予想以上に美しかった。


駒ケ岳の山頂。


風がまじ強く、視界も悪かった。


風が強いため雲が動いて、たまに晴れ間が見えた時の景色は綺麗だった。










雪が深い箇所があったのでワカンを着けて登ったが、やはり踏み跡で固められている箇所の方が多かったので、この場合はアイゼンを着けるべきだったと反省した。

山頂に到着した。


下山ルートには雪屁があった。初めて見た。まあロープで注意喚起しているので大丈夫だろう。



最近ニュースでやっていたように、ワカサギ釣りが解禁されており、大沼にはたくさんのテントが張ってあった。


こんな強風の中で釣りして、絶対寒いだろうと思った。



何回も行っている赤城山だが、今回は一番楽しかった。美しい雪景色、雪山の悪天候を体験できたことなどが良かった。あと特に、下山時に初めてシリセードができたことが非常に楽しかった。

今回は、利平茶屋森林公園から登ったが、ここはまだ踏み跡がある。花見ヶ原キャンプ場から登ったらどうだろうか?そこだと踏み跡がなく読図の練習ができるかもしれないので今度実行してみようと思う。

スポンサーサイト
- | 20:07 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/190
屋形船で花見を見に行きましょう。花見シーズンは水上バス等でも花見コースがありますが、やはり花見は食事と一緒に屋形船で。
屋形船で花見 | 2009/02/10 11:27 AM