新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
年末年始中国旅行
中国旅行にはまっている。中国へ行くと、気分が高揚し、何でも刺激的に見えてしまう。その感じが忘れられなく、 半年前の6月に行った広西地方の桂林や陽朔へ年末年始でまた行ってしまった。2度目でも非常に楽しい時間を過ごせた。やっぱりこの地方は僕にとっては、旅行するのに最高の場所だ。

今回は半年前で行った時と同じ場所も訪れたし、新たな地域も観光した。景色が素晴らしいのは言うまでもなく、人も優しく、物価も安く、飯もうまく、旅行のしやすさを改めて感じた。


これは桂林の街中で撮ったものだ。中国らしい風景だ。


これは陽朔の街並みだ。狭い町だが、欧米人の観光客が多いので観光インフラが整っているし、物価が安いので本当滞在しやすい。宿もシャワー、トイレ付きで日本円で900円くらいで泊まれる。

物価が安い例として、このピザ風のパンは2元なので円だと30円くらいだ。日本だと150円くらいしそうだ。僕はパン大好きなので、パン食いまくった。



桂林地方の最大の観光スポットは璃江とその周辺に立ち並ぶ数々の岩峰群だ。これらがまさしく山水画のような景色を見せてくれる。





本当綺麗な景色だった。こんなのは日本じゃ見られない。


桂林から足を延ばして、龍勝という棚田美しい町も訪れた。ここは半年前にも来たが、本当気に入ってまた行った。ここで新年を迎えた。

この時期は稲刈りが終わっているが、それでも棚田は美しかった。もちろん半年前の田植えがされた状態はもっと綺麗だった。



棚田で見事に初日の出を拝むことができた。いやー、これは本当良かった。


それからさらに、三江という少数民族の暮らす町も訪れた。ここはトン族という民族が暮らしており、独自の建築技術を持っており、それを見に行った。

これが鼓楼という建築物だ。迫力があった。こんなのが村の中にいくつか点在していた。


雨楼橋というもので、雨宿りをするために作ったらしい。ライトアップされて本当綺麗だった。

鼓楼には維持費が必要らしく(本当か?)、寄付金を納めたら、村のおっちゃん達の輪に入れてもらえた。言葉は全く分からなかったが、なんか楽しかった。


トン族の村の風景。




今回も半年前と同様楽しむことができた。この地方は3回目も行っていいかなと思うくらいはまる場所だ。あの刺激を思い出すとまた行きたくなってしまうね。でもやっぱもったいないんで、次は雲南省を目指そうと思う。

スポンサーサイト
- | 22:49 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/188
「Windows 7」においてプロダクトキーの発行制限が、1月24日(米国時間)までの期間限定
Windows 7 | 2009/03/01 10:32 PM