新入社員の普通の日記

新入社員の日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
厳冬期 日光白根山登山
厳冬期の日光白根山へテント1泊で登った。

ルートは以下の通り。
日光湯元スキー場〜外山鞍部〜前白根山〜奥白根山〜丸沼スキー場


日光湯元スキー場でリフト降り場からスタートした。


歩き始めて約10mくらい進んだところで、トレースも消え、深雪で歩きにくくなった。この時点でワカンを履いてラッセル開始した。ワカンを履いてのラッセルは初めてだったが、しばらくすると慣れた。

ラッセルは大変だったが、ゆっくりでも着実にすすんでいくことが楽しかった。

この写真は同じ山岳会の方で、僕の日光白根山に登りたいという願いに付き合ってくれた。



前白根山に近くなると、風が非常に強かったので手前の樹林帯で幕営した。


かなり寒いのではないかと思ったが、きっちり防寒していたしテントの中はバーナーのお陰で暖かかった。快適なテント泊となった。

次の日は白根山を越えて、丸沼スキー場まで行く予定であったが、天気の悪化が心配であった。しかしそこは、山のベテランの山岳会の先輩が、地図とコンパスを使ってしかっりとルートを選び、天気を判断しながら臨機応変に前進した。


これは白根山。本当雪が生えて美しかった。



雲海も綺麗であった。


こんな感じにラッセルしながら登っていく。





山頂付近だ。ここらへんは本当に美しかった。

それから下山したが、途中でトレースが分からなくなり、適当な樹林帯を降りたが、そこは雪地獄であった。ズボズボと体が沈み、本当怖い思いをした。一生雪溜まりから抜られないのではないかと不安に駆られた。 

そして、無事下山することができた。大先輩のお陰だ。
今回は、中級の雪山は1人で登山するべきではないことを実感し、それだけでも収穫であった。今回は天気がよく、雪の絶景を堪能することができた。やっぱり雪山はハマる。

JUGEMテーマ:趣味


スポンサーサイト
- | 23:23 | - | - | pookmark
コメント
from: ニッシー   2009/09/03 12:20 AM
私も、雪山に登りたいのですが、現在バーディーを探し中です。
雪山でなけれま2人位いるのですが・・・。
from: anntena   2009/09/04 12:02 AM
>ニッシーさん
雪山はなにしろリスクが伴いますからねえ…
パートナー探しは私も未だに苦労しております。
お互い良きパートナーをみつけましょう。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anntena2005.jugem.jp/trackback/187